妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由 第4話

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由 第4話 「叔父の目を盗んで、毎日のように…」

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

3話の振り返り

3話では、ラブホで電話にでながらのセックスでした。

 


 

 

 

声を押し殺してのセックスはドキドキしちゃいますよね。

 

なんだったら心のどこかでちょっとバレることを期待してたり、そんな心理状態になるというか。

 

ばれたら困るんですけどね、、💦

 

なんというか、伝われば幸いです。

 

 

 

3話まとめはこちら

 

 

この作品は無料試し読みあります
トップページから「妻を風俗嬢に」と検索すればでてきます♪

 

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

第4話 「叔父の目を盗んで、毎日のように…」 あらすじ

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由
叔父さんが働かないからスミレさんはあんな店で働くようになったんだから

 

叔母さんんいパイズリさせながら、そう叔父さんに言い放って電話を切った甥っ子ヒロキ。

 

 

「もう、本当に悪い子ね」

 

 

 

いやいや、そんなんじゃすまないでしょ!www

 

 

という状況ですが、その後はフェラもしてくれちゃうスミレおばさん。

 

実際のアニメのスクショは、ルールで貼りないのが残念。ほかの方で、許可無しにスクショ貼ってた方は注意されたとのこともききました。

 


 

 

髪をほどいたスミレさんも美人です。(こっちの方が好きかも(*´▽`*))

 

 

 

「内蔵が取れるんじゃないかと思うくらいヤリまくった・・・」
ヒロキはそう心のなかでつぶやく。

 

 

スミレさん、バックでお尻を鷲掴みにされてチンコを挿入されながら。

 

 

ぅ~~~、してもらいたい、、、、w(*´▽`*)

 

 

 

 

その後も自宅やラブホでほぼほぼ毎日セックスを楽しんじゃう二人。

 

 

叔母さんを監視したくなった甥っ子ヒロキは、叔母が働く店でボーイとして働く。

 

 

「ここなら叔母さんを監視できる。何より、、刺激的だ。」

 

 

 

親父たちにベロベロされているスミレおばさんをみてまた興奮する甥っ子ヒロキ。

 

 

 

 

 

叔父さんはというと、、、仕事探しにハローワークに行かなきゃ 泣 と悔し泣き。

 

 

結局、甥っ子くんはスミレさんと思う存分セックスしてましたね。スミレさん、後半かわいいと思います。

 


 

無料で読むにはこちら
トップページから「妻を風俗嬢に」と検索すればでてきます♪

 

 

かみほどいた叔母さん、カワイイ♪
妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

 

 

 

 

page top