北欧から来た外国人妻は、風習と言われ、村人全員に寝取られる。

STUDiO G-POWER! / SASAYUKi

田舎村に嫁いだ北欧妻は、村人に受け入れてもらえず孤立していた。相談した義父から「よそ者、房事まで」の風習を教えられ、早速、寝床に連れて行かれてしまう……。金髪碧眼、真っ白な肌と大きい乳房、綺麗で可愛い顔立ちの北欧系美人妻。
彼女は田舎村に嫁いだが、閉鎖的な土地柄故、村人に受け入れてもらえず悩んでいた。ある夜、義父の背中を流しながら相談すると、村の風習【よそ者、房事まで】を教えてもらい、義父から「セックスしてみるか?」と誘われてしまう。
思わぬ誘いに驚きつつも、彼女の目に映るのは、夫よりも大きく、カチカチに反り返ったたくましい義父のオチ◯チンだった。あの硬くて太くて反り立っているアレが、自分のアソコにねじ込まれていく快感を想像し高ぶりを止められない北欧妻は、
「村人に受け入れてもらえるため……」「風習だから仕方がないから……」と自分に言い聞かせて義父との誘いに首を縦に振ってしまった。義父のセックスは、北欧妻の期待を遥かに超えたもので、風習の名の下、彼女は貪るように快感を味わっていく。
無事、義父との風習を済ませた彼女だったが、村人から受け入れてもらうには、村人全員と房事(セックス)しなくてはならず……。